一般歯科、歯周病治療、予防、審美歯科

 
  医療法人 豊生会 山田歯科
〒590-0132 大阪府堺市南区原山台1-6-1-101
 
診療案内・アクセス 医院内紹介 治療の流れ かみ合わせ 歯周病 予防プログラム 審美歯科 全身美容 訪問診療 山田歯科だより トップページ
歯周病の要因と症状 歯周病の進行と予防 歯周病と全身疾患 歯周病の検査と治療 歯周病の検査と治療
歯周病の要因

歯を支えているまわりの組織(歯肉、歯槽骨など)の病気が「歯周病」です。
歯周病は自然に治ることはありません。虫歯と違いほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行します。
ほっておくと症状は急速に進行し、やがて歯が抜けます。

1. 歯周病の最大の原因がプラークです。細菌の集団であるプラークが出すさまざまな物質によって歯肉に炎症がおこり、同時に細菌を攻撃するための細胞が自体から出てきて、細菌と体の抵抗力との闘いが始まります。細菌が増加し、防衛能力を上回ると炎症が進行します。


プラーク約1mgの中には、100,000,000個以上の細菌が住んでいるのです



2. 歯面に付着したプラークは時間がたつと石灰化して歯石となり歯肉を刺激し、炎症を悪化させます。炎症が進むとやがて歯槽骨が溶解し始めます。

歯の裏側を見てみると、
ハグキの境目あたりに歯石がベッタリ!

歯石は、ハミガキをしても取れないので、安定したバイ菌の住み家になってしまっているのです。




3. 細菌の中の歯周病関連菌の質と量、それらの作用時間、治癒力とのバランス、
自分自身の抵抗力が歯周炎の発症と進行の程度の違いと考えられています。

 ・プラークの除去を困難にし、歯茎を痛める不正な歯並び、咬み合わせ。
 ・プラークを増加させる軟らかい食べ物、糖質の多い食べ物。
 ・歯肉を傷つける「つまようじ」の使いすぎや、歯ブラシの使い方の悪さ。
 ・隙間にプラークがたまりやすい、適合の悪いかぶせや入れ歯。
 ・歯や歯茎にダメージを与える歯ぎしり、強いかみしめ。
 ・精神的ストレスや過労、全身的疾患、体質、遺伝的素因
  (糖尿病やビタミンCやタンパク質の不足等)
 ・細菌に対する抵抗力を弱める喫煙
 ・口呼吸


歯周病の症状

ひとつでもこのような症状があれば要注意です。

息は臭くないですか?
歯ぐきから血がでませんか?
歯ぐきから膿がでませんか?
口の中がネバついていませんか?
歯肉は綺麗なピンク色ですか?
赤く腫れていませんか?
グラグラしている歯はありませんか?
歯茎は減っていませんか?
歯周病

このページの先頭へ

診療案内・アクセス院長紹介・院内紹介一般治療の流れかみ合わせ治療歯周病
予防プログラム・ハッピークラブ審美歯科全身美容訪問治療患者様の声
〒590-0132 大阪府 堺市南区 原山台1-6-1-101 医療法人 豊生会 山田歯科 堺市 歯科 予防歯科 歯周病治療
Copyright(C) 2003 YAMADA Dental Clinic All Rights Reserved.